契約と引き渡し

不動産を売る必要書類が全て揃い打ち合わせも無事終わったらいよいよ売買契約を結ぶことになります。契約自体は契約書に必要事項を記入してサインするだけですからそれほど時間はかかりませんが、注意点としてはあらかじめ契約要項は事前に入手しておく、ということが挙げられます。

何故契約事項についての書類を事前に入手しておく必要があるのか、ということですが、基本的に契約書に記載している要項は小さな文字で記述していますし、契約の段階ではゆっくり読むこともできません。しかし、契約書に記載してあることはどんな小さなことでも漏らすことなく把握しておく必要があるため、事前に契約要項についての書類を入手し実際の契約までに熟読しておく必要があるのです。

契約も無事終わればあとは引き渡しとなります。書類関連の事務手続きは全て不動産業者がやってくれるため売主は特に何もする必要はありません。不動産業者の指示に従って引き渡しの準備をしましょう。引き渡し時に不動産業者から直接現金を支払われることもありますし、銀行振り込みということもあります。支払方法については業者によって異なることがありますから事前にしっかりと確認しておくことを忘れないようにしましょう。

査定から打ち合わせ

不動産買取を決断したらまずは査定を受ける必要があります。査定とは、今現在あなたが所有している不動産物件の正当な価値を見定めるために行われるもので、住宅なら内外装のコンディションや周辺地域の情報など様々な事柄を考慮しつつ金額を決めていきます

査定では実際に物件を見て貰う必要がありますから、不動産業者と予定を合わせて立ち会うようにしましょう。また、査定前には少しでも高く売れるようにクリーニングを徹底しておくなどあらかじめできることは先にやっておくべきです。物件の査定が終わったら買取価格を提示して貰えますから、その価格で売却するかどうかを考えます。また、不動産売却査定の一括比較ができるサイトもありますので、そういったところを利用して、あらかじめ売却価格と不動産会社を絞り込んでおくのもいいでしょう。

仲介の場合だと買主が提示するであろう金額を不動産業者が予想して金額を提示しますが、買取の場合は業者が直接購入するためここで提示して貰った金額が全てとなります。金額に納得したら今後の売買スケジュールをミーティングします。売却手続きを行うために必要な書類の確認などを行い、揃っている場合はそのまま不動産業者に提出します。この後は契約へと進みますから、何か聞いておきたいことや不安なことがある場合にはこの段階でしっかりと聞いておきましょう。一度契約書にサインしてしまうと後戻りはできません。

参考HP→不動産売却査定サイト「不動産売却一括査定.com」